******************************************************************

  

Posted by at

体力レベルと健康

2009年08月03日

体力レベルの高い人は、活力があって健康そうに見えます。

実際、最大酸素摂取量で示される全身持久力が高い人は一般に筋力や柔軟性にも優れ、ウエスト/ヒップ比が小さく(つまりスタイルが良く)体脂肪率も理想的な値になっています。

また、このような人では、血圧やコレステロールレベルも低くなっています。

これに対し持久力の低い人では肥満、高血圧、高脂血症、糖尿病などをいくつも抱えていて、しかも、個々の因子の値も悪い人が多いのです。この様な人を万歩計でチェックすると、あまり歩いていないことがわかります。

体力レベルが低いこと、筋力が弱っていることは、心筋梗塞や脳卒中に代表される生活習慣病だけでなく、大腸がんなどのがん発症にも関連しています。

腰痛、膝関節痛、骨粗しょう症、さらに高齢者の転倒事故も多く起きています。

こうしてみると、体力の優れた人がより健康であると考えてよいでしょう。

でも、体力がないからといって悲観することはありません。

自分の健康を維持増進する程度の体力ならば、誰もが少しの努力でゲットできます。

必要なのは、体を鍛えるトレーニングではなく、体を調節するエクササイズなのです。毎日の生活の中で、歩いたり、階段を上ったりする時間を増やせばよいのです。

注意点として、健康増進を目的に運動を行うには、事前の健康診断(特に高血圧、心臓病あるいは、糖尿病などのチェック)は欠かせません。

運動の強度は中等度(目安となる心拍数=(220ー年齢)×0.6)とし、1日合計30分程度(10分×3回でも可)を週3日以上実施する、筋力トレーニングやストレッチングも適宜行い、ウォームアップとクールダウンも忘れない、などの実施上の要点を押さえる必要があります。

詳細は、米国心臓学会発刊「どこでもフィットネス」(市原義雄訳、保健同人社)をご覧ください。

そして、健康に過ごすためには、「腹八分目、禁煙、節酒、よく歩く。」を実行することが重要なのです。

ご参考までicon48  


Posted by 由美 at 21:57Comments(0)産後食事と運動

産後太りを戻す生活術

2009年02月18日

出産後は早めのダイエットが体重減少に効果的です(詳しくは過去の記事を見て下さいね)

妊娠中は、赤ちゃんがお腹にいるため、どうしても体重が増加するものです。

では、増加分をどうやって落とすかというと、骨盤が締まる出産後のなるべく早い時期(約6か月以内と言われています)がダイエットのチャンスです。

脂肪は、放っておけばおくほど、減らしにくくなるのです。

授乳期が終わっても、妊娠中と同量の食事を摂っていると間違いなくアウトicon67

子供の食べ残しを食べたり、一緒に寝たりしていませんか?

まずは、食事量を減らし、自分の生活サイクルを少しずつ元に戻していきましょう。

子育ては大変な労働ですから、カラダを休めたくなるものです。

でも、その誘惑が産後太りの原因になります。

動かないでいると運動不足によって代謝が低下し、体重をさらに増加させてしまいます。

妊娠中に運動をしていなかった方は特に筋肉が減少しています。

子育て中は運動の時間はなかなか取りづらいとは思いますが、外出時は車を使わず、なるべく徒歩で。

また朝夕、歩くなど運動を習慣化させましょう。

①妊娠前の本来の自分の食事量に戻す
②赤ちゃんが昼寝している間は家事に集中する(一緒に寝ない)
③外出時は車などを使わずに少しでも歩く時間を作る

産後はやせるチャンスです。
骨盤運動(ご存じない方は過去記事をぜひお読みください)もきちんとやって、もとの体型にもどしましょう。

ダイエット頑張りましょうねicon113  


Posted by 由美 at 21:59Comments(0)産後食事と運動

失敗するダイエットとは?

2008年06月28日

失敗するダイエットとは?


 ◇あなたのダイエット失敗度チェック!
 質問に何個あてはまりますか?当てはまる項目は何個ありますか?

 1)○○キロやせるというように、体重(脂肪)の数値を落とすことが目的になっている

 2)具体的な期日がない

 3)なんとなく「運動」や「食事制限」をしている(ダイエット方法が正しかどうかわからない)

 4)やせた後どうなりたいのか、具体的なイメージがない(数字ではない目的)

 5)短期間で一度に体重を落としたいと思っている

 6)ダイエット中は、食事の回数を減らすまたは、食事をしないほうがよいと思っている

 7)やせないと、生活に問題が生じるなどの危機感はない

 8)単品ダイエットをした事がある

 9)ダイエットを応援してくれる人がいない

 10)汗をかけばやせられると思っている

 11)食事制限や運動をハードにする必要があり、辛いと思ってる

 12)自他共に認める3日坊主である

 あてはまる数が2個~4個……危険度40%、5個~7個……危険度60%、8個~10個……危険度80%、11個~12個……危険度100% 

 危険度はダイエットが失敗する確率です。12個すべてにあてはまってしまった方は、ダイエットの失敗を繰り返し「万年ダイエット」になっていませんか?

やせたらどうなる? イメージが大事

 数値で何キロということではなく、結果を「イメージ」することが大切とか。

洋服を買いに行って、「この洋服いいなあ~」と思って着てみると、自分が想像していた感じと違ってももがきつい。
おしりがむっちり。おなかがきつくてボタンができない……。

 この時がチャンスで、この洋服をキレイに着られるようになろうというイメージができます。ぜひ買っちゃってください。そして、おなかのボタンができるように。という目標にしてみましょう。定期的に着てみてチェックをしてみるといいですね。

ダイエットしようと思ったきっかけは、試着室というケース。意外と多いんです。


どうです?
ダイエットをしようと思ったきっかけが、試着室が多いとか?
わかるな~

そして、思い切ってその服を買うface02
夏までもう少しicon01
素敵な服が着れるようにダイエット頑張りましょうicon77


ご参考までに


本気でダイエットしたい方はこちらへ 
簡単ダイエット[Easy slim] http://www.easy-slim.net


エクササイズで思いっきり汗をかいてやせたい方はこちらへicon16 
エクササイズ商品専門店
「コアリズム、ターボジャム、ビリーズブートキャンプなど、エクササイズ商品をそろえています」




  


Posted by 由美 at 12:38Comments(0)産後食事と運動

朝食は食べた方が太らないー米研究

2008年03月09日

気になる記事はこちら
朝食を食べる若者、抜く若者よりも肥満度が低い=米研究

 朝食をきちんと食べる十代の若者は、朝食を抜く若者よりも体重が軽く、よく体を動かし、健康的な食生活を送っているとの調査結果が明らかになった。

米国の研究者が3日発表した。


 調査はミネソタ州に住む2216人の若者を対象に、14歳程度から5年間にわたって体重や食生活、その他の生活様式を追跡。

それによると、普段朝食を食べる若者ほど肥満度を測る指数であるBMIが低いことや、常に朝食を抜く人は毎日食べる人に比べて体重が平均2.3キロ多いことも分かった。


 調査担当者は「朝食をこまめに食べる子どもほど活動的で、全般的に食生活も良い。つまり脂肪やコレステロールの摂取は少なく、食物繊維の摂取が多くなる」と説明した。
 

ご参考までにicon113

  


Posted by 由美 at 15:39Comments(1)産後食事と運動

食事に対してバランスの良い運動は

2007年11月13日

今日は、食事と運動のカロリーについてお話します。

「よく運動するんだけど、やせない」・・・・という方は、食事を見直すことも大事です。

まず、運動カロリーは、
(20~29歳、男性60kg、女性50kgの人が30分間運動を行った場合)

ゆっくりした歩行(買い物)  35~45 kcal
ゴルフ              75~90 kcal
サイクリング           85~100kcal
テニス             145~180kcal
ジョギング           245~300kcal
水泳(クロール)  490~600kcal

に対して、
外食した場合のカロリーは

雑炊               240~320kcal
鶏のから揚げ         320~560kcal
ラーメン            400~560kcal
とんかつ            400~560kcal
焼きそば            480~640kcal
天丼              640~880kcal
カツ丼             720~960kcal

となります。

どうですか?

それぞれのカロリー計算だけで比較するのは邪道ですが、
丼ものを減らす・・・これは、ダイエットをする上で大事なようです。

ご参考までにicon113

簡単ダイエット専門店[Easy Slim]http://www.easy-slim.net  


Posted by 由美 at 13:54Comments(0)産後食事と運動