******************************************************************

  

Posted by at

中年太りの解消法

2009年02月16日

人間は18歳をピークに代謝量が減少していきます。

それに加え、若いころに比べて運動量も減るので筋肉も落ち、消費エネルギーはさらに減ります。

その状態で、若いころと同じように食事量をとっていれば、摂取エネルギーの方が消費エネルギーを上回り、当然太ってしまいます。

中年太りは、そこの部分の理解が必要です。

運動した方がよいと分かっていても、仕事が忙しくて、プライベートな時間は体を休めたい。またつい若い頃と同じ量を食べてします。

そんな方は食事量の見直しが必要です。

昔は、いつもご飯が2膳いけてたから今も同じ…とか、
ラーメンは、昔も今も大盛り…とか、「替え玉」(九州独特かもしれませんが)は必ずする・・・・とか、
浜勝へいくと「ご飯」「お味噌汁」「キャベツ」はおかわり自由だから、おかわりしないと損した気分・・・・などなど。

心当たりあるかたは結構いらっしゃるのではicon66

また、消費エネルギーのもととなる筋肉の減少を抑えるためにも、運動を日常的に行いましょう。

ダイエット、ストレス解消、すべては「運動」することでクリアーできます。

中年太りは内臓脂肪型肥満が多いのも特徴ですが、内臓につく脂肪の蓄積には、男性ホルモンや、お酒、たばこ、睡眠不足など大きく作用します。

お酒とタバコを一気にやめるというのは、過度なストレスにもなりますので、まずは、本数を減らす、量を減らすことから始めましょう。

なお、男性ホルモンは女性にも存在しますので、危険度は同じです。
(閉経後は、男性ホルモンから女性ホルモンへアロマターゼという酵素により変換されます)

自分の年齢や筋肉量に合った食事をとる。
エスカレーターやエレベーターは使わず、なるべく階段を利用する。

ダイエット頑張りましょうicon113
  


Posted by 由美 at 10:00Comments(0)中年太りの解消法