******************************************************************

  

Posted by at

アイデアに著作権なし……「いいめもダイエット」サービス停止

2007年10月16日

(IT Media様から転載許可取得済)

「いいめもダイエット」が10月17日にサービスを停止する。書籍「いつまでもデブと思うなよ」の著者である岡田斗司夫氏から「著作権の侵害」としてクレームがついたため。
2007年10月16日 01時47分 更新

 「いいめもダイエット」が10月17日にサービスを停止する。いいめもプロジェクトが開発ブログで明らかにした。書籍「いつまでもデブと思うなよ」の著者である岡田斗司夫氏が、いいめもダイエットに対して「著作の核心と同一ですので、著作権の侵害に当たる可能性が極めて高いと思います」と主張したためだ。

アイデアに著作権なし――岡田氏の本意は?
 いいめもダイエットは、「食べたもの」と「カロリー」を書いたメールを専用メールアドレス「 d@ememo.jp 」に送信すると、ダイエット記録の一覧にまとめてくれるサービス。「いいめも おこづかい帳」に続く、いいめもプロジェクトの第2弾で、岡田氏の著作で紹介している「レコーディング・ダイエットに使いたい」という利用者の意見を元に開発したという。


 このいいめもダイエットに対して、岡田氏からクレームが入った。いいめもプロジェクトの開発ブログによると、岡田氏は「記録をしてダイエットに結びつけるという発想は、私の著作からスタートしていますので、見た目上はただの記録するのに便利なものですが、それをダイエットに結びつけているという点で言えば、私の著作の核心と同一ですので、著作権の侵害に当たる可能性が極めて高いと思います」などと指摘。サービスの停止を求めたという。

 本来、アイデア自体の著作権は認められない。文化庁でもアイデアの登録について、「発明やアイデアそのものは著作物ではないので、著作権による保護はない」と明文化。サイバー法などに詳しい弁護士の町村泰貴氏も「著作権というのは表現を保護するもの。例えば、記録してダイエットに結びつけるというアイデアそのものは著作権の対象となり得ない」という。

 ITmediaでは岡田氏に取材を申し込んだが、返答はまだない。

サービス停止、著作権侵害の有無に関わらない
 一方、いいめもプロジェクトでは著作権侵害を争うつもりはないという。「著作権を侵害していなかったとしても、サービスを再開することはない」(同プロジェクト)。著作権侵害の有無に関わらず「サービスを停止する」という。

 いいめもダイエット側の“落ち度”を指摘するとすれば、・・・(続きを読む)  


Posted by 由美 at 13:15Comments(0)いいめもダイエット