******************************************************************

  

Posted by at

補足説明「マジンドールダイエット」の件の考察

2008年01月10日

前回の補足説明です。

今回の事件は、自由診療(患者全額負担)がいけないと言っている訳ではありませんface01

例えば、癌治療において、珍しい癌腫で使用できる抗癌剤の種類が少ない場合や、再発を繰り返し今までの抗癌剤では効果が認められなくなった場合、海外でevidence(科学的根拠)が認められている化学療法にもかかわらず、国内では未承認である場合などは、IC(インフォームドコンセント:患者への説明と同意)をきちんとした上で、効果が期待できそうな抗癌剤を保険適応外処方、用法用量外使用をするケースがあります。


また、混合診療については、昨年初の裁判がございましたが、まだ結論が出ていませんが同様です。
興味のある方はこちらを読んで下さいねface02
治療費を自由に設定できることや、お金で人の命が左右される問題など複雑に絡み合っていますので、今後注目されるところです。


今回のマジンドールダイエットのケースは、無免許の人が医薬品を処方していたこと、向精神薬を営利目的に安易に処方され、適正使用をされていなかったことが原因です。

風本医師が運営するのメディカルサロンは、グループで売上げ10億を超えると言われています。

医療をビジネスとして履き違えた結果であり、医療業界の中のさまざまな問題を提起した事件だったと思います。

少し熱く語りすぎましたねface06


簡単ダイエット専門店[Easy Slim]http://www.easy-slim.net
  


「マジンドールダイエット」の件の考察

2008年01月09日

「やせ薬」を無資格で処方「メディカルサロン」代表ら2人逮捕
記事はこちら

最近、「リタリン」を巡る問題もそうですが、「やせるicon67」「ダイエットicon67」を売りにした、向精神薬の不正使用に関するニュースが多いですねface07

毎日新聞が全国の医療機関のホームページを調べたところ、少なくとも北海道から九州までの108施設が、ダイエットに効果がある薬としてマジンドールを紹介していたそうで、使用施設は美容整形や美容外科、皮膚科が大半で、ほとんどが健康保険を使わない自由診療だったようです。

メディカルサロンの例で見ますと、
商品名:サノレックス(一般名:マジンドール)薬価は一錠212.5円の医薬品を
医師がエステ店に卸した価格が一錠600円。
エステ店が客に販売した価格が一錠1000円。
ということは、末端価格は約5倍で販売されています。

サノレックス(マジンドール)は、向精神薬指定第3種であり、麻薬及び向精神薬取締法の適用を受けるので、個人でも海外の業者から合法的に入手する事は出来ません。

毎日新聞の調査では、サノレックスを使用している施設の中には1錠3150円で販売していた施設もあったようです。


本剤は
効能効果:あらかじめ適用した食事療法及び運動療法の効果が不十分な高度肥満症(肥満度が+70%以上又はBMIが35以上)における食事療法及び運動療法の補助。
副作用:睡眠障害や吐き気など
劇薬、向精神薬、習慣性医薬品、指定医薬品、処方せん
と指定された医薬品です。

製造販売元のノバルティス社では、調査症例の約2割の1721人におう吐やめまい、睡眠障害などの副作用があったと報告しています。

今回の件は、副作用や依存性のある医薬品を悪質な営利目的で使用されたケースとして問題ですが、今後自由診療、混合診療のあり方としても問題提起になると考えます。

保険適応外や、用法用量外の使用の場合でも、医師には「処方権」があり、自由診療(全額患者の自己負担)として処方が出来ます。

専門知識を持つ医師が知識のない患者に対し、健康被害を及ぼす可能性がある薬を簡単に処方した行為は悪質ではありますが、現行法ではこれらを取り締まることは出来ません。

ダイエットは、女性の美への目標であり悩みの一つであるのに対して、
このように利益本位に走る医師がいることはとても悲しいことです。

販売目的に走ることがないよう、医師自らが襟を正すことが求められると考えます。


風本真吾マジンドールダイエット
メディカルサロン
サノレックス錠(ノバルティスファーマ)製品情報概要


ご参考までにicon113


簡単ダイエット専門店[Easy Slim]http://www.easy-slim.net