******************************************************************

  

Posted by at

<ホスピタルダイエット>死亡例含め健康被害多発

2009年10月09日

毎日新聞より抜粋

タイ式の「ホスピタルダイエット」と称するやせ薬の服用で健康被害が多発しているとして、厚生労働省は9日、個人輸入をしないよう注意を呼び掛ける文書を関係機関に配布した。

02年以降、2件の死亡ケースを含む11件の被害が報告され、麻薬及び向精神薬取締法で個人輸入が禁じられている成分の入った薬もあったという。

同省によると、「ホスピタルダイエット」はタイの病院が身長や体重に合わせて処方するダイエット薬との触れ込みで、インターネット上に多数の輸入代行業者がある。

複数の錠剤やカプセルがセットになっており、食事療法に使われる「マジンドール」や鎮痛剤、抗うつ剤、向精神薬の成分などが検出された。

いずれも日本では医師の処方が必要で、向精神薬の無許可輸入には懲役1年以下か20万円以下の罰則がある。

これまで05年に急性心不全、08年に腎臓疾患の偽性バーター症候群で服用者の死亡報告があった。

08年のケースでは、調査した東大病院が「やせ薬が症状悪化の原因になった」と結論付けている。

同省は「薬を持っている人は服用をやめ、体調に異常があれば速やかに医療機関と保健所に連絡してほしい」と呼び掛けている。  


食薬庁、違法ダイエット食品業者を摘発

2008年06月29日

シブトラミンを使用した業者摘発記事がまた出ましたね。

「シブトラミン」 :海外では医薬品としての承認があります(国内は未承認です)。
(海外での適応:肥満症の治療)
作用:中枢性食欲抑制作用
副作用:血圧上昇、心拍数増加、頭痛、口渇、便秘、鼻炎 等

しかも、今回は、シブトラミンが通常使用される量の3倍量入っている薬を作ったとか。

嘆かわしい限りです。
インターネットで簡単に海外の薬が手に入る時代ですが、安易に商品や広告を信じないよう気をつけて下さい。

食薬庁、違法ダイエット食品業者を摘発

食品医薬品安全庁(以下、食薬庁)が27日に明らかにしたところによると、同庁は、食品に使用してはならないことなっている食欲抑制剤が大量に添加されたダイエット食品を製造しインターネットで販売した疑いで、済州市在住のキム某容疑者(44)に対する逮捕状をソウル中央地検に申請したという。食薬庁は製品の在庫を全て押収・廃棄し、インターネット・ショッピングモールについては同製品を販売できないようにした。

続きはこちらから
 
崔源錫(チェ・ウォンソク)記者

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版



ご参考までにicon113


本気でダイエットしたい方はこちらへ 
簡単ダイエット[Easy slim] http://www.easy-slim.net


エクササイズで思いっきり汗をかいてやせたい方はこちらへicon16 
エクササイズ商品専門店
「コアリズム、ターボジャム、ビリーズブートキャンプなど、エクササイズ商品をそろえています」



  


MDクリニックについての注意喚起

2007年12月13日

今回は、MDクリニックというタイで発売されていて国内では厚生労働省未承認薬であるホスピタルダイエット薬について注意喚起するとともにこの薬についてご紹介いたします。

たま~には真面目なお話をしましょうicon59

さて、このMDクリニックという薬の事は、私のmixiのお友達から情報を戴いたものでございます。
(マイミクも募集中です。友人検索 姓:ゆみ 名:ゆみ、名前:由美 で出るよ)
私のお友達の場合、このMDクリニックで効果があったそうです。そこで、耳慣れぬお薬名でしたので、詳細を調べました。その結果と私なりの判断をご紹介いたします。

国内では未承認薬なので医療機関や薬局では原則おいてございませんが、今の時代ほしい場合はインターネットで簡単に手に入る時代です。
また、自由診療として病院から保険対象外として処方される施設もあるようです。

本剤はインターネットなどで簡単に手に入る薬だからこそ、個々注意が必要です。
万が一副作用等何かあっても自己責任となります。

この薬の口コミサイトはこちらです。
中身を見ていただけると分かりますが、確かに劇的にやせたという方もいらっしゃいます。
しかし、何人かの方には、体調が悪くなった、動悸、息切れ、多汗などの副作用を言われている方がいらっしゃいます。

この薬は厚生労働省から向精神薬が入っているホスピタルダイエット薬と同様に使用に関して注意喚起されている薬です。
国内では未承認の医薬品成分が入っているためです。

製品名: MDクリニックダイエット
形状: 錠剤及びカプセル
(1) 薄緑と灰色のカプセル剤(シブトラミンが検出されたもの)
(2) 水色の錠剤(ヒドロクロロチアジドが検出されたもの)
(3) ピンク色の錠剤
(4) 水色と白色のカプセル剤(シブトラミンが検出されたもの)
(5) 緑色の錠剤
(6) 薄オレンジ色の錠剤(ビサコジルが検出されたもの)

健康被害(疑い): 動悸、発汗、めまい等 1例

参考)
シブトラミン  ・ 海外では医薬品としての承認があります(国内は未承認)。
(適応:肥満症の治療)
作用:中枢性食欲抑制作用
副作用:血圧上昇、心拍数増加、頭痛、口渇、便秘、鼻炎 等
ビサコジル  ・ 国内では医薬品としての承認があります。
(適応:便秘症等)
作用:大腸のぜん動運動促進作用等
副作用:過敏症状、腹部不快感 等
ヒドロクロロチアジド  ・ 国内では医薬品としての承認があります。
(適応:高血圧、心性浮腫等)
作用:降圧作用、利尿作用
副作用:食欲不振、悪心・嘔吐、腹部不快感、脱力感、低カリウム血症 等

類薬では死亡例も報告されています。
予測不能な健康被害が出る恐れがります。
個人の判断で安易にインターネットで購入せず、万一服用により体調異常が現れた場合には、直ちに服用を中止し、医療機関へ受診するとともに、最寄りの保健所にお申し出下さい。

ご参考までにicon113

簡単ダイエット専門店[Easy Slim]http://www.easy-slim.net