******************************************************************

  

Posted by at

ダイエットは簡単に成功するものではない

2009年06月18日

気になる記事はこちら
ダイエット:納豆、寒天、リンゴ、バナナ…根拠なし【3止】 消費者は冷静に

夏が近いからか、最近本屋さんに行くと「これでもか!」という位ダイエット本が出ていませんか?

やはりそれだけ売れているんでしょうね~

最近は、バナナダイエットに続き、キウイダイエット本まで登場しました!

中谷内一也・同志社大教授(心理学)は「健康情報が多すぎるために、単純で分かりやすい情報に飛びつく側面がある」と分析したうえで、「そもそもダイエットはそんなに簡単に成功するものではないことを知っておくことが大切」と呼びかけているとの事。

そうなんです!

ダイエットは、自分との戦い!
リバウンドとの戦い!

私は「お酢ダイエット」を続けています。
前回20ml程度をリンゴジュースやフルーツジュースに混ぜて飲んでいましたが、濃度が濃かったのか胃が荒れちゃいました。今は前回の1/4に量を減らして飲んでます。
体調は不思議と良くなった気がします。
健康には良いようですよ。

体重は先月から2kg減(47kg:油断したら少し太ってしまいましたface07)ですが…ただ今サウナスーツ着てウォーキングも合わせているので何が効いているのかな?  


Posted by 由美 at 18:18Comments(3)ダイエットニュース

やっぱり「ちょい太」、やせ形より7年長生き…厚労省調査

2009年06月10日



衝撃的な情報です
40歳時点の体格によってその後の余命に大きな差があり、太り気味の人が最も長命であることが、厚生労働省の研究班(研究代表者=辻一郎東北大教授)の大規模調査で報告されました

最も短命なのはやせた人で、太り気味の人より6~7歳早く死ぬという、衝撃的な結果です。
「メタボ」対策が世の中を席巻する中、行きすぎたダイエットにも警鐘を鳴らすものといえます。

研究では、宮城県内の40歳以上の住民約5万人を対象に12年間、健康状態などを調査されてます。

やせた人に喫煙者が多いほか、やせていると感染症にかかりやすいという説もあり、様々な原因も考えられるそうです。

体格と寿命の因果関係は、はっきり分かっていません。
このため、太り気味の人が長命という今回の結果について、研究を担当した東北大の栗山進一准教授は「無理に太れば寿命が延びるというものではない」とくぎを刺しています。(ここ大事)

同じ研究で、医療費の負担は太っているほど重くなることも分かった。肥満の人が40歳以降にかかる医療費の総額は男性が平均1521万円、女性が同1860万円。どちらもやせた人の1・3倍かかっていたそうです。

こちらも興味あるデータです。

さて、本研究は宮城県での12年間のデータで、12年も被験者の状態を追えるのはすごいことです。

どこの町かは言えませんが、福岡にも転出、転入が少なく、人の出入りが少ないこのような医療機関の研究対象の町があります。
某国立大学病院で研究データとして出る町です。
恐らくこの宮城県のデータもそのような町のデータではないでしょうか?

太りすぎ、やせすぎはいけないということですね。
ご参考まで  


Posted by 由美 at 20:18Comments(4)ダイエットニュース