******************************************************************

  

Posted by at

きちんと睡眠をとってしっかり食べましょう!

2010年04月02日

油や炭水化物を抜いてみたり、単品食ばかり食べてみたり
と、今までに流行ったダイエットを試してみたけれども…
結局痩せない、効果なしicon15
そして次こそと、新しいダイエットを!!なんて皆さん沢山経験しましたよね?

もともと長続きしない性格だから?
それとも、遺伝的に太る体質なのかも?
なんて考えすぎないでくださいね。
結局今までのダイエットが成功しなかったのは、長続きしない性格だから
遺伝的に太る体質だから…?
そんな訳ありませんicon59
ダイエットをしても痩せる事が出来なかったのは、睡眠をしっかりとらなかった
からなのです。摂食にかかわるホルモンは睡眠との関係があります。
良い睡眠をとり、しっかり食べれば痩せる事が出来るのですicon12
ダイエットの基礎のお話ですね。
  


Posted by 由美 at 19:49Comments(0)睡眠と肥満の関係

ダイエットに効果的な睡眠方法

2009年02月12日

ず~と前に、「睡眠と肥満の関係」を書きました。

睡眠不足は肥満のもと”5時間未満だと1・4倍との事。

睡眠時間が短いと肥満や糖尿病などの生活習慣病になりやすいようです。

さらに、太っている人は、睡眠時無呼吸症になりやすく、より深い睡眠を得られず睡眠不足は増す。
そしてより太る。といった構図が出来上がります。

原因はホルモンバランスが崩れることも挙げられていました。

睡眠は、細胞を新しく(新陳代謝)したり、脂肪を燃やす役割があります。

質の良い睡眠をとるためには、午後10時~午前2時には眠りにつくとよいとデータが出ています。

この時間帯に眠っている状態にあると、成長ホルモンが分泌され、新陳代謝を高めてくれます。

穏やかな睡眠を誘うために、就寝1時間前には、テレビやパソコンを避け、部屋の照明を暗めにすると効果的です。

ハーブティーやアロマ(カモミール、ハーブティー、オレンジなど)の香りは神経をリラックスさせてくれます。

また、先日お話した入浴を就寝の1~2時間前に済ませると、体の緊張がほぐれ、ぐっすり眠ることができます。

必要な睡眠時間は平均7時間が最良との事です。

以上が、理想的な睡眠とダイエットの関係です。

しかし、忙しい現在、毎日午後10時に就寝できる人がどれだけいるのでしょうか?

…という疑問は私だけではないはずです。

上記内容はあくまでも「理想は」ということで、もし自分が「疲れたな」とか「今日は早めに寝れるな」という日は、上記内容を思い出していただき、実践すると良いでしょう。

以上、ダイエットに効果的な睡眠方法でしたicon113
  


Posted by 由美 at 10:00Comments(0)睡眠と肥満の関係

睡眠を1時間増やせば肥満の確率が9%減る

2008年04月10日

睡眠と肥満の関係は(3月12日のブログ)で掲載いたしましたが、

今回も同様なお話です。

「やせるためにはあと1時間睡眠を」、研究報告

 これには食欲を制御する2つのホルモンが関係しているという。睡眠不足(4時間睡眠を2日)によって、食欲を抑制するホルモン「レプチン」が18%減少する一方、食欲を増進させるホルモン「グレリン」が28%増加することが明らかになった。このようなホルモンバランスの変化により、ビスケット、ケーキ、ピーナツなど、脂肪や糖分の多い食品を欲するようになる。との事。

 睡眠不足によって空腹感が23-24%増すという。これにより1日に食べる量が350-500キロカロリー分、余分に増え、座っていることが多い若い世代の成人の体重を大幅に増やす原因になるという。

忙しい現代社会ではございますが、
早めに寝ることは、やせると同時に、健康にも良いと思いますよ。


本気で痩せたい方はこちらへ
  ↓  ↓  ↓
ダイエット専門店[Easy slim] http://www.easy-slim.net  


Posted by 由美 at 15:31Comments(0)睡眠と肥満の関係

睡眠不足は肥満のもと

2008年03月12日

睡眠不足は肥満のもと”5時間未満だと1・4倍に

睡眠時間が短いと肥満や糖尿病などの生活習慣病になりやすいことを、日本大学の兼板佳孝講師(公衆衛生学)らが大規模調査で明らかにし、12日、発表した。

 その結果、いずれの時点でも睡眠時間が5時間未満の場合、5時間以上に比べて肥満の人が約1・4倍であることがわかった。逆に、99年で肥満の人は06年に睡眠時間が短くなっている傾向があり、肥満と短時間睡眠が悪循環の関係になっていることがうかがわれた。

さらに、太っている人は、睡眠時無呼吸症になりやすく、より深い睡眠を得られず睡眠不足は増す。
そしてより太る。といった構図が出来上がります。

原因はホルモンバランスが崩れることも挙げられていました。

睡眠が少ない人で太っている方は、生活を改めてみると、やせられるかもicon60

ご参考までにicon113  


Posted by 由美 at 23:04Comments(1)睡眠と肥満の関係