******************************************************************

  

Posted by at

体温を上げると体重が減る

2009年03月07日

体温が1℃下がると基礎代謝は12%低下すると言われているので、低体温とダイエットには密接な関係があるのが分かります。

単純計算ですが、体温が36.5℃ある人と1℃低い35.5℃人とでは1日に200~500kcalもエネルギー消費に差が出てきます。

つまり同じ食事を摂ったとしても、低体温の人の場合、1ヶ月に1~2kg体重が増えていくということ!

これが年単位になったことを想像したら怖しいと思いませんか?

また基礎代謝というものは、私たちの体内にある酵素によって行われるもので、この酵素が最も効率的に活性する温度というのが平熱である36~37℃と言われています。

つまり低体温では酵素の活性が下がってしまうので、当然脂肪も燃えにくくなり太りやすくなる!

さらに体脂肪という物自体が、温度の低い組織なので、体脂肪の多い人ほど低体温になりやすいという悪循環が起こるのです。

低体温の主な原因とは、「食生活」や「生活習慣」にあるといわれています。

よって改善方法としては、普段の食事や生活習慣を変えていく必要があるということ

ちょっとした心掛け次第で簡単にできる低体温改善テクをご紹介します。

■冷暖房などに頼らない!
→冷暖房は適温を守り、夏の冷え過ぎるクーラーではカーディガンを、冬場は膝掛けを用意するなど工夫しましょう。


■適度な運動を!
→適度な運動はストレス解消にも効果的。ストレスは温度調整をする自律神経とも関係があるので、低体温改善に運動は必須です。

■入浴を習慣に!
→夏でもきちんと湯船に浸かることが大事。血行がよくなり基礎代謝もアップします。

■甘い&冷たい過剰摂取はNG!
→甘いもの、糖分や乳脂質、白砂糖などの精製された食品は体を冷やす原因に。また、暑いときでも冷たいものを摂り過ぎると内臓が冷えて体のバランスが崩れてしまうので、適度な摂取を心掛けましょう。

■朝食をとろう!
→規則正しい食生活が基本です。特に朝食抜きは体温を上げづらくするので、フルーツや飲み物だけでも摂るようにしましょう。

■血行を良くする!
→血行を悪くするキツい下着は冷え性の原因にもなるので注意しましょう。
低体温を解消するカギは下半身にあります。半身浴の効果からも分かるように、下半身だけお湯に浸かっているだけでも、徐々に身体全体が温かくなり汗が吹き出てくるもの。つまり、下半身の血行が促されると上半身の血行も良くなり、結果的に体温上昇に役立つというわけです。

自分が低体温だと認識した人は、さっそく今日から「食生活」や「生活習慣」を見直してみて下さい。

平熱を1℃上げるだけで脂肪が燃えやすくなり、みるみる痩せ体質になるのですから、低体温改善はダイエット成功に絶対必須!

体温を上げて、太る原因を断ち切りましょう。  


Posted by 由美 at 13:43Comments(0)体温と体重の関係