******************************************************************

  

Posted by at

メタボへのダイエット食品の効果が認められました

2007年10月22日

大正製薬、食事代替型ダイエット食品摂取によるメタボリックシンドロームの予防・改善効果を検証
石井直方東京大学大学院教授と共同で食事代替型ダイエット食品(バランス食)摂取による
メタボリックシンドロームの予防・改善効果を検証

~ 「第28回日本肥満学会」において、試験結果を発表~


 大正製薬株式会社(本社:東京都豊島区、社長:上原明、以下:「大正製薬」)は、石井直方東京大学大学院教授(広域科学専攻認知行動科学講座)と株式会社東洋新薬(本社:福岡県福岡市、社長:服部利光)と共同で、難消化性デキストリンを高含有し、低糖質処方の食事代替型ダイエット食品(バランス食)によるメタボリックシンドロームの予防・改善効果を検証し、「第28回日本肥満学会」(2007年10月19~20日開催)で発表しました。

 メタボリックシンドロームは、内臓脂肪の蓄積を是正することが根本的な対策となり、その方法として食事療法と運動療法の併用が理想的と考えられています。ただし、自己判断による食事制限は摂取すべき栄養素量の不足を来たすことがあり、健康障害が問題となっています。
 大正製薬では、難消化性デキストリンを高含有し、低糖質処方の食事代替型ダイエット食品(バランス食)を食事に取り入れることによる食生活の改善が、メタボリックシンドロームに与える影響を確認することを目的として本試験を実施しました。

 試験では、20名の被験者に試験ダイエット食品を1日のうち最も摂取カロリーの高い食事の代替食品として8週間摂取してもらい、内臓脂肪面積、体重、体脂肪率等の変化を測定し、影響を調べました。
 その結果、CT画像解析による内臓脂肪面積、体脂肪率、および体重を中心に有意な減少が観察されたことから、内臓脂肪型肥満の改善が示されました。特に内臓脂肪面積においては、約30%以上の減少が認められました。
 また、内臓脂肪型肥満、高血圧、高血糖、脂質代謝異常を引き起こす原因とされるインスリン抵抗性の改善も見られたことから、メタボリックシンドロームにおける諸症状の改善にもつながると考えられます。

 一方、医師の問診、被験者による日誌の内容を通しても、被験者の健康への影響は認められませんでした。

 以上のことから、メタボリックシンドローム予備群の食生活に、難消化性デキストリンを高含有し、低糖質処方の食事代替型ダイエット食品(バランス食)を取り入れ、食習慣を改善することは、内臓脂肪型肥満を改善することに繋がり、メタボリックシンドロームを予防・改善するために有効であることが検証されました。

続きは、大正製薬ホームページへ


ご参考までにicon113


ダイエット食品は、簡単ダイエット専門店へ http://www,easy-slim.net