******************************************************************

野菜を食べて痩せよう①

2009年11月28日

なぜ野菜を食べると痩せるのでしょうか。

食べたものを燃やすにはビタミンB群が必要です。
食べた栄養素が代謝されてエネルギーに変わり、不要物が排泄されれば太りません。
ご飯やパスタ、パン、うどんなど炭水化物を食べて、それを燃やすのにビタミンB1が必要です。
同様にたんぱく質を代謝するのにビタミンB6、脂質にはビタミンB2、B6がなくてはなりません。
ばんばん燃やして代謝するにはビタミンB群が必要で、ビタミンB群を野菜から摂ることがとても効率がいいのです。


野菜をたくさん食べると総摂取カロリーを抑えることができます
。ビタミンB群は野菜だけでなく玄米やそば、豚肉、マグロ、卵などさまざまな食材に含まれていますが、野菜からはビタミンだけでなく繊維質やほかの栄養素も摂れて、カロリーは少なく一石三鳥です。繊維質は排泄に欠かせないものなのでしっかり摂ったほうが痩せられます。


「野菜なんて最近食べてない」「牛丼にサラダは付いてないし」という方も今日から野菜を食べることを意識しましょう。


痩せるにはどの野菜を食べればいいのでしょうか。
どこにでも手に入るキャベツ、トマト、ブロッコリーなど、身近な緑黄色野菜でいいのです。
それと季節の野菜。
冬であれば白菜やごぼうやほうれんそう、かぶなど旬の野菜を楽しんで食べてください。


同じカテゴリー(野菜を食べると痩せる)の記事
 ごはんは食事の途中から食べる (2009-12-13 13:23)
 食前にサラダを食べると痩せる (2009-11-30 09:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。