******************************************************************

ダイエットに注意、炭水化物抜くと憂うつに 豪の研究チーム

2009年11月15日

パンなど炭水化物を減らす「低炭水化物ダイエット」を続けると、気分が憂うつになったり、怒りっぽくなったりする―。


オーストラリアの研究チームがこのほど、米医学誌「アーカイブズ・オブ・インターナル・メディシン」にこんな研究結果を発表した。


炭水化物を極端に減らすダイエットは腎臓障害をもたらすなど問題点が指摘されてきたが、精神面にも影響を及ぼすことが分かった。


 研究は、24~64歳の肥満の人106人を対象に、(1)肉、乳製品などタンパク質や脂質を中心にし、パンなど炭水化物を抑える「低炭水化物」組(2)炭水化物を多く取る「高炭水化物」組―の二つの減量グループに分け、体重や精神状態を1年間調べた。

カロリー摂取量は同じにした。


 両グループとも1年後の体重減少は平均13.7キロで変わりなかったが、精神状態では「高」組にダイエット前と比べ改善がみられたのに対し、「低」組は気分の落ち込みや不安を示すようになった。


低炭水化物ダイエットは巷では良く利用されている方は多いのでは?と思います。
私の周りにも、3か月で10kg痩せた方がいらっしゃいます。


うつなど精神的ダメージな部分は、ダイエットをする上で、目標体重に落ちない時など、落ち込んだ時になりやすいです。


ダイエットは楽しんでやる。
「ある一つだけ」のダイエットを取り入れない。
適度な運動も取り入れることを忘れずに。

ご参考までicon113


同じカテゴリー(ローカーブダイエット)の記事
 低炭水化物ダイエット、カロリー制限より効果的 (2008-08-05 16:17)
 ローカーブダイエットの効能 (2008-03-05 09:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。