******************************************************************

安いけど身体に悪いファーストフードトップ5

2009年03月06日

ニューヨークタイムズに安いけれど身体に悪いファストフード:トップ5が発表されたそうです。
もちろん日本にはないファーストフード店もあります。

景気が悪くなり、節約したい気持ちが高まると、安いファストフードに心惹かれますよね。

でも、安い食べ物は脂質、ナトリウム、コレステロールが高く、加工された肉を使っている可能性がとても高いです。食べる前に一度この記事を読んで考えてみてください。

非営利団体のCancer Projectは、5つの最も不健康な、一般的に「バリューメニュー」と呼ばれる食べ物を調べました。

1位はJack in the Boxのジュニア・ベーコン・チーズバーガー(1ドル)で、23グラムの脂質、55ミリグラムのコレステロール、860ミリグラムのナトリウムを含み、それに対してたった1グラムの食物繊維しか入っていませんでした。

2位はTaco Bellの89セントのチージー・ダブルビーフ・ブリトーで460カロリーもあり、20グラムの脂質、なんと1,620ミリグラムものナトリウムを含んでいます。

3位はバーガーキングの1ドルのブレックファスト・ソーセージ・ビスケットで脂質が27グラム、ナトリウムが1,000ミリグラム以上含まれています。

4位はマクドナルドのマックダブル(1ドル)で、19グラムの脂質、65ミリグラムのコレステロールを含みます。

5位はウェンディーズの1ドル53セントのジュニア・ベーコン・チーズバーガーで、310カロリーで16グラムの脂質を含んでいます。


3位以降は日本にもあるファストフード店ですね。

マクドナルドは、ついつい行ってしまいますね~。
でも最近少し高くなったと思うのは気のせいでしょうか?

不景気になると、ついつい安いファーストフード店に行きがちです。

ファーストフード店でも和食は脂質も少なめでヘルシーなので、うどんなどの和食系を選ぶと良いかもしれません。

以上ご参考までにicon48



同じカテゴリー(ダイエットニュース)の記事画像
やっぱり「ちょい太」、やせ形より7年長生き…厚労省調査
同じカテゴリー(ダイエットニュース)の記事
 眠くなったらおやつでリフレッシュ! (2010-04-15 18:22)
 ダイエット中でも安心なファストフードの食べ方 (2010-02-16 10:00)
 やせる食事のポイントは糖質と脂肪を抑えること (2010-02-14 22:05)
 メタボ腹囲「女性80センチ以上」? (2010-02-11 00:04)
 世界一受けたい授業からダイエット方法をご紹介② (2010-01-14 21:53)
 世界一受けたい授業からダイエット方法をご紹介 (2010-01-04 23:07)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。